黒酢 効能

MENU

48歳 私が健康に気をつけている事

胃腸が弱いので油っこい食べ物は食べないようにしています。

 

とくに揚げ物は厳禁です。

 

すい臓などにかかる負担が特に気になります。

 

睡眠時間は十分に取るようにしています。

 

眠い状態だと判断力が鈍り、仕事でも普段の生活でも大失敗をする可能性が増えます。

黒酢の効能。身体に良い理由とは

「酢」が身体によいのは何となく知っていましたが、何故「黒酢」なのかは知りませんでした。

 

普通の酢は、ただひたすら酸っぱいだけの工業用品に近いイメージがあります。
対して黒酢は時間をかけて製造されている分だけ、自然な味わいと身体になじむ成分が期待できそうです。

 

普通の米酢でも数ヶ月以上かけるのに対して、黒酢の製造工程は数年かけて熟成すると聞き及びます。

 

たかが食べ物をつくるのにそこまでの情熱を注ぎ込むのには恐れ入ります。

 

ただ、酢でも黒酢でも料理に頻繁に使うかと言うと、これがなかなか難しいです。

 

どうしても味が酸っぱいものになってしまうので敬遠してしまいます。

 

使用できる料理のレパートリーを、私はそんなに多くもっていません。

 

健康効果が得られるだけの酢を使うのは、とても無理だと思います。

 

酢飯にして摂取しようと試みたこともありましたが、家族全員から「頼むから止めてくれ」と反対されました。

 

酢で飲み物を作ろうとすると、砂糖をいれて薄める程度のことしか思いつきません。

 

とにかく酢でも黒酢でも、身体によいのは分かっていても取り入れるのは困難きわまります。

クロクロは、黒酢と黒大豆で作られている

黒酢と黒豆で作られた時点で、かなり身体によさそうです。

 

黒豆が滋賀産というのは、特に購買意欲をそそります。

 

昨今の食料事情は複雑になる一方で、遺伝子改良やら肥料や農薬の使用量やらチェック項目が盛りだくさんです。

 

その点で、産地の確かな国産黒豆を使用していることは高く評価できます。

 

酢や他の栄養素をサプリメントで補おうとする人は多いですが、出来ることならば自然食品を食べることで栄養を摂りたいです。

 

ご飯の付け合せで食卓に並べてもなんら遜色がないと思います。オカズが一品増えて健康な生活を補強できるのですから、いい事ずくめです。

 

黒豆と黒酢の相乗効果で、安定したアントシアニンを吸収できることは結構なことだと思います。

 

目の疲れが特に気になるので、アントシアニンは積極的にとるべき栄養素だと常々考えていたので正に理想的です。

 

値段が少し高いのと、店頭販売で簡単に試しに購入できないことが不満といえば我がままでしょうか。

 

>>クロクロを見る